『日本人なら知っておきたい日本文学』/蛇蔵&海野凪子


日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典

著者:蛇蔵&海野凪子
発行:2011年08月25日
出版:幻冬舎


あらすじとおすすめポイント

古典文学を漫画とエッセイでわかりやすく解説。有名な9人を上げて、コミカルに描かれています。昔教科書で読んだなーと楽しく振り返るにはおすすめです。新たな発見があるかも知れません。


●『日本人なら知っておきたい日本文学』/蛇蔵&海野凪子の感想

登場順に書いていくと、清少納言、紫式部、藤原道長、安倍晴明、源頼光、菅原孝標女、鴨長明、兼好、ヤマトタケルの9人が一章ずつで一人約10頁(漫画8:文2)ですがけっこう深いので楽しく読みました。

この中でお二人が推している(ように見えるw)菅原孝標女の『更級日記』を読んでみたくなりました。
『源氏物語』オタクでおちゃめな人だったようです。

兼好の『徒然草』はおすすめです。
一つ一つがメモの走り書きのような短いものなので、肩肘張らずに読むことができます。

『現代語訳・徒然草』/吉田兼好作・佐藤春夫訳