『星を継ぐもの』/ジェイムズ・P・ホーガン

星を継ぐもの (創元SF文庫)
著者:ジェイムズ・P・ホーガン(訳:池央耿)
発行:1980年05月23日
出版:東京創元社

あらすじとおすすめポイント

SF小説の有名作品。
「人類」は果たして進化した存在なのか……。月で発見された「人」からその彼をめぐる過去と過去を紐解き、主人公は、今の「人類」を見つけ出すことができるのか。
宇宙推理物です。




感想とネタバレ

本を閉じた瞬間にじわりとくる読後感がとてもよい作品でした。
基本、海外小説は手にとっても難しくて理解できないので(泣)、SF小説というジャンル自体は好きなのですが、片手程度も読んだことが……ありません……。

アニオタとしては初SF小説は『戦闘妖精雪風』だったりするのですが、日本でのアニメなどからイメージするSFとはちょっと違いました。それはこの作品だからなのでしょうか?? この、宇宙の知識を下地にしてロマンを綴るという作者の情熱にテンションが上がりました。

主人公に「人類」を紐解かせる、あるいみ、宇宙推理物でとても楽しく読めました。作者の提示したい答えに向かって作中の人物が、推理していく物語となっているので続きが気になって気になって……ページを捲る手が止まりません。久しぶりに終わりが気になって仕方がない作品に出会えました。

壮大な「人類」のはじまり。
結局人類は月に行かなくなりましたが、月にロマンがあるのは変わらないのだろうと思います。