2017年11月20日月曜日

『彗星パンスペルミア』/チャンドラ・ウィックラマシンゲ


「われわれはどこから来たのか?」,
「われわれは何者か?」,
「われわれはどこに行くのか?」
~(略)~

本書は,この問いに対し,明快に,最新の実証主義科学に基づいて,

「われわれは宇宙からやってきた」,
「われわれはウイルスである」,
「われわれ(DNA)は宇宙に戻る」

という回答を示している.(ⅺ頁)

■ 2017年5月1日発行


松井孝典監修・所源亮訳
目からうろこ的な本を求めている身としては中々、強烈な本でした。
上の引用だけでもへっ?(どういうこと?)という驚きがあります。
その驚きを細かに解説してくれるのがこの本です。

中でも衝撃だったのは、冬のインフルエンザの流行も「そういうこと」らしいです。
しかしこのお話は実社会とは全く違うことを言っているので理解はできるのですが、それが事実だとしたら、会社を感染回避用に多く休めなくなるということでしょうか?(滝汗)……そんなの嫌だ(笑)地味に封印しておいて欲しいお話かもしれません。。。(ガクブル)

あと、『シン・ゴジラ』/映画の、作中に出てくる、呪文のような言葉、極限環境微生物が出てきました。何回見てもそこのシーンは矢口と同じで???だったのですが、この本で少し知識が増えたと思います。ということはゴジラは!?

少し注意なのは、文系さんには読んでいてちょっとキツイ本かもしれません。
なぜかというと、前から理系の文章の書き方?は聞いていたのですが、文章の句読点が、「、→,」「。→.」なので、慣れるまで目がうろうろしてしまいました(自分だけか!)。どこで文章を切っていいのか何度も見返したり(笑)最後の方は慣れましたが、世界が違うのだなとそこも感心しました。

引用の最後は深いです。仏教の輪廻の香りがします。