『レベルE(全3巻)』/富樫義博


あらすじ

地球もそれも日本に、ある物体が激突した。その正体はなにか。そして、これから一人暮らしを始める主人公の部屋にいたのは、記憶喪失のそれも一風変わった人間だった……。


おすすめポイント

SFギャグ漫画。富樫先生&短編なので機会があれば是非。



●『レベルE(全3巻)』/富樫義博の感想


なにかと話題(体調どうなのでしょうか……ワートリの先生もですが……)の富樫先生のSF漫画を読みました。アニメはまだ見ていないのですが、今度見ようと思います。

この作品自体、かなり前のものなので、現代漫画の方向とは違う線画なのが逆に新しく見えて楽しく読みました。

かなり劇画ちっくというか、思い起こせばどの作品も終わりの方は富樫先生の絵というのは、漫画漫画していないというか。最後の方なので雑?ともいえますが、そこが味があるのが先生の凄いところです。レベルEのときは意図して書き込んであるはずなので逆にしっかりとした少年漫画の線よりかは、今の作風が先生らしいのかもしれません。

ハンターハンターは途中でリタイヤしているので、また読みたいです。

スポンサーリンク