『図説 絶版機関車』/松本典久


あらすじ

蒸気機関車、電気機関車、ディーゼル機関車の50両を解説。


おすすめポイント

鉄道の機関車本。初心者が読んでもわかりやすい解説です。保存場所が明記されているので、会いに行けます。



●『図説 絶版機関車』/松本典久の感想


鉄道はニワカなくらふねです。
D51(デゴイチ)のDの意味をこの本で初めて知りました。他の機関車にCが付いていたりしてなんだろうなとずっと思っていたのですが動輪の数だったとは……。

鉄オタ向けの暗黙の本ではなく、とても解説解説していて楽しく読むことができました。


で、話が逸れてしまうのですが、
この本を読んでいて宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』の蒸気機関車はどれだったのか!?
ということに思い当たりまして、驚きの記事を見つけてしまいました。


「それにこの汽車石炭をたいていないねえ。」ジョバンニが左手をつき出して窓から前の方を見ながら云いました。
「アルコールか電気だろう。」カムパネルラが云いました。
 ごとごとごとごと、その小さなきれいな汽車は、そらのすすきの風にひるがえる中を、天の川の水や、三角点の青じろい微光びこうの中を、どこまでもどこまでもと、走って行くのでした。


なんということでしょうか……。
石炭ではないと作中に確かに明記されているという……(汗)

浅薄な調べですが、当時すでに路面電車が、「電車」として動いていたので、汽車が今後、石炭から電気へ移行するだろうというのは考えとしてはあったのかもしれません。