『シン・ゴジラ』/映画

シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組

総監督:庵野秀明
監督:樋口真嗣
封切:2016年7月29日
配給:東宝


「あれが……ゴジラか」

あらすじ

突如として、謎の巨大不明生物が関東に襲来。日本政府は若き内閣副官房長官、矢口蘭堂を筆頭にして、その生物の対処にあたるが……。

おすすめポイント

ゴジラです(それ以外の何物でもないジャンル……)。監督が庵野監督なので、エヴァ好きさんにはおススメです。平成後期の、「ゴジラ(日本人の恐怖の象徴)」と真正面に向き合った作品。




感想とネタバレ

今さらなシンゴジ感想を書こうと思います。
映画自体は年間に一本見るか見ないかというもったいない人生を送っている人間なのですが、会社のゴジラ好きさん、某漫画の先生(夏の同人誌はそのネタw)が絶賛されていたことと、そして、監督が庵野監督ということもあって、だまされたと思って見に行きました。10年位前に近所にできた映画館へ初めて。

内容については「これが……ゴジラか」でした。
自分のゴジラに対する認識は、某野球選手を指すことのみだったもので、その一言に尽きました。とにかく、何がなんだかわからないまま色んな映画館を回って、最終的には10回以上見に行ってしまいました。BRも買い、何度も見ています。

感想をみて回りましたが、このゴジラは色んなメッセージを含んでいるので、様々な感想があって面白いです。結構読み漁りました。人によってツボだったポイントが違うというか。

繰り返し見て感慨深かったのは、最初の方のエレベーターのあからさまなシーン(最初かなり引きました;)からの、ラスト近く、矢口の演説前の泉ちゃんとの会話「この国には優秀な人材が~」のくだりです。

エレベーターの人数は、戦争に犠牲になった人、という意味だけではなく、次の世代のために戦う一人の人間という、それは、今からこの国の存亡をかけて志を同じくする立場になった矢口の必死の決意とリンクされて、じんと来ました。

あとは赤坂さんですが、国際社会のルール(期待?)から外れずに国を守ることの難しさ、現実という彼らとの共存(ゴジラとではなく)を考えていかなければならないリアルな登場人物だったように思います。
矢口の反対から攻めていく感じといいますか……。

しかし、それは先の戦争で行うことのできなかった反省すべき事実があり、最後の「ごくろう」から先の台詞は、そんな国際社会のルール(期待?)から脱却し、本当の国防の未来を手に入れた安堵感から出ていたように感じました。
最初はなんて嫌な役回りなんだろうwと思いましたが、腑に落ちた今では一番好きな登場人物かもしれません。

この二つのシーンは、ぶっちゃけ最後の8、9回目くらいで感じたので、シンゴジは本当に奥が深いなと思いました。

しかも、面白かった以前に私事ですが、ご近所が映画に出てきたのにびっくりしました。 もう、唖然です。 仕事場と自分の家をゴジラが踏みつけてくれたかな?と何度移動ルートを確認したことでしょうか!(あほだ)


ホント、背中に惚れます。 ↓↓↓


ちなみに、ジアートオブも、サントラも購入してしまいました……(さすが監督……凄すぎだ!お財布がすっからんです)





Who will know (24_bigslow)/悲劇
鷺巣詩郎 伊福部昭

2016/07/30



宇宙大戦争/「宇宙大戦争」/ヤシオリ作戦
鷺巣詩郎 伊福部昭

2016/07/30






スポンサーリンク